専門学校ウェブ 新着情報

立志舎が第33回合格祝賀会を開催

emperor-hotel.jpg
帝国ホテル(東京会場)

平成25年1月18日、全国に23の専門学校を運営する立志舎の合格祝賀会が、東京・帝国ホテルで行われた。
立志舎の合格祝賀会は、修了生や実績を上げた学生を労うとともに、各種マスコミに対して実績をアピールする場として行われる。なお、西日本については、1月22日、大阪・ホテルニューオータニ大阪で同様の祝賀会が執り行われるもよう。

risshisha-party.jpg
孔雀の間(帝国ホテル)

祝賀会の会場は、恒例となった立志舎の今年度の実績が掲げられた。
中でも目を引くのは、就職内定率が98.57%であるというところ。
上場企業への就職内定率も高いことに注目がいく。

risshisha-paper.jpg

来賓者向けに配布された資料では、公認会計士や税理士に現役で合格している学生についてアピールされている。
公認会計士試験(論文式)については、現役の学生が22名も合格した。
税理士試験に至っては現役で5科目に合格して最終合格を果たしたのが6名で、全国の4年制大学の現役合格者(3名)を立志舎グループの現役学生だけで抜き去っている点が興味深い。
この資料を初めて見た人は、何か数字の操作をしているのではないかと勘繰ってしまうことが多く、この私もその一人であったが、高度に合理化されたカリキュラムについて取材すると、この数字も納得できる。
ちなみに、ここでいう「現役学生」とは、高校卒業後に専門課程に入学した者のみをカウントしたものであり、ダブルスクールや通信制などは含んでいない。


演舞の模様(撮影・松本肇)

立志舎の学生はこの合格祝賀会で一区切りとなる。
修了生の今後の活躍に期待したい。

【専門学校ウェブ 代表 松本肇】


コメントをどうぞ